牡牛座の性質

12星座のサイクルは2番目の牡牛座の段階へ進みます。

牡牛座は2番目の星座です。

|牡牛座は形にしていく

 

牡羊座の段階で、衝動的に始めたまたは、始まったことを

牡牛座は形にしていく、継続していくという性質です。

一つの気に入ったこと、眼を付けたもの、これだ!と見込んだものを

好きなものを、更に豊かに、価値あるものに育てていくのです。

持ちものは減らしたくない性質なので、一度手に入れたら離したくありません。

何かを決定したり、行動するまでには、慎重にじっくり時間をかけます。

とってもゆっくりマイペースに。

だけど、一度動き始めたら、止まらずに ずっと継続していきます。

持続させたい性質なので、たまに、もうやめたいと思っても

やめることや手放すことができない場合もあります。

じっくりと、安定して生産をし続けていく…

それが牡牛座の性質だからです。

|5感が非常に優れている牡牛座

また、牡牛座は5つの感覚(味覚、触覚、嗅覚、視覚、聴覚) がとっても優れている特徴があります。

5感を使ってホンモノを見極めることが得意で、更に、かなり頑固でもあるので、

実際に自分が5感で感じとった物しか信用しないことがあります。

12星座1頑固な性質であるとも言われていますので

形や枠組みにこだわるあまり、必要がなくなったものなども、手放せない事があります。

執着しすぎたり、変化を怖れすぎて全く行動できない時は他の星座の力や

惑星のパワーを借りてみて。

 

基本的にはマイペースに、リスクがあまり大きくない場所で

現実的にしっかりと形にしていくことを 意識して生きると

とても自分らしく、楽に息ができるはず。

牡牛座に重要な惑星やポイントがある方はこのような性質を持っています。

自分の性質が詳しく知りたい方はトップページで調べることができます。

今、必用な惑星パワーが知りたい方はこちらから

 

関連記事

  1. 医学と占星術の意外な関係

  2. 活動宮の星座=牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座に

  3. 天王星が移動する5月、どんな影響がある?

  4. 占星術的、新しい始まりの時期・節目について(1年編)

  5. 不動宮の星座=牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座に大切なこと

  6. 夏至から秋分までの流れについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。