水星逆行パワーを活用する方法

Mercury :出典NASA

26日の午後、水星が逆行を開始

惑星が獅子座⇒乙女座の順番へそのまま進んでいくことを「順行」と言います。

惑星が通常とは違う方向、獅子座⇒蟹座へ後戻りするように進むことを「逆行」と言います。

実際には、そのように見えているだけなのですが、占星術上、逆行する惑星は、いつもと違うパワーを発揮すると考えられています。

(※太陽と月意外の天体は全て逆行します)

明日、26日の午後より水星が逆行を開始します。

今回の水星逆行は、7/26の午後~8/19の午前中までとなります。

水星は元々「つなぐ役目」をもった惑星なので、逆行期間はその「つながり方」がいつもとは違うようになりやすいのです。

なので、水星のパワーが元々発揮されるものに対して

  • コミュニケーションの行き違い
  • 交通機関の混乱や停滞
  • パソコンなどの不具合
  • 情報の誤発信など

いつもと違うこのような現象が起こりやすいと言われます。

帽子かぶってるのが、水星=ヘルメス君 Wikipediaより

水星逆行のパワーを活かす方法

そのように、ネガティブ系なパワーが有名になってしまっている水星逆行のパワーですが、実はそれだけではありません。

違う方向へと、意識を向ければ十分素晴らしい力を発揮してくれます。

水星逆行の時には、アイデアをもっとよりよくするために、「プランの練り直し」をしたり、「いつもと違う方向から考えてみる」、いっそ「最初からやり直すこと」行動をすることはオススメです。

昔も行った場所を再訪する、連絡が途絶えている友だちに連絡をとってみることで、また新たな発見やつながり方ができることもあります。

自分の目的やゴール、計画を見直すことなどに水星逆行のパワーを活かせば、素晴らしい再発見がある時期ともいえるでしょう。

もし水星逆行の期間中、いつもスムーズに運ぶことが運ばないなどがあったとしたら、あなたの中の水星が、もっとより良い、違うアイデアを求めているのかもしれません。

水星から(というか自分からの)メッセージ、「いつもと違う方向性から考えてごらん」と伝えてくれているのかもしれませんね。

7/26~8/19ごろまでの過ごし方

今回の水星逆行は獅子座で起こります。

特に7/26~8/9にかけては、自分の軸について、深く内観できる時。

一番、答えはあなたの中にある事に気付きやすい時なのです

急いで結果を出す行動をしたり、周りに振り回されるのは抑えてください。

先日書いた、獅子座の性質の記事でも詳しくお伝えしておりますが

自分の心の中の情熱やイマジネーションを軸にして、創造や表現へとそのパワーを向けた時、太陽のように自ら光輝き、爆発的なパワーを発揮する

のが獅子座の性質です。

この期間はぜひ、自分の心の中の情熱やイマジネーション=自分の軸を、自分の中から見つけてみてください。

過去に湧きあがった情熱、何に対して一番イマジネーションが湧くか?がカギとなるようです。

太陽と水星が重なる8/8~9を境に水星のパワーは切り替わります。

更に獅子座で日食を迎える8/11~8/19にかけては、深い内観をされた方ほど、新しい方法を思いついたり、今までになかったアイデアが生まれそうです。

8/19の午後、水星が順行に戻ります。

何か新しい行動を開始したい方は勢いに乗ってみても良いかもしれません。

また、月蝕・日蝕については別途お伝えいたしますね。

水星逆行期間も、楽しんで過ごしてみてください。

 

こちらの記事もおすすめです

次回、8月の日蝕に向けて

9月までのパートナー運

惑星パワー無料診断

 

 

 

 

 

オンラインサロンのご入会はこちらから!

メンバー追加募集中です

星読み開運サロン

関連記事

  1. やる気が出ない時に必要な惑星パワーは?

  2. 9月までのパートナー運

  3. ひとつの山場を迎える~牡牛座下弦の月

  4. 医学と占星術の意外な関係

  5. 天王星が移動する5月、どんな影響がある?

  6. 惑星のパワーや星座の性質も使い方次第

コメント

    • 風鈴
    • 2018年 8月 12日

    ここの記事が今の自分になぜか、しっくりきています。
    人生を良くも悪くもしているのは所詮は人の気持ち。今まで仕事での行き違いについてどうしようかと悩んでいましたが、とても参考になっています。何事もうまく丸く収めることが一番大事。大きな視点で物事を見ていきたいです。
    そのためには、感情的にならず、冷静でいることですね。やれることをやって、あとは待ちの姿勢も必要。人生は緩急をつけないととても続かないです。この暑さにだらけてもよい。タイミングを見て、たまったエネルギーを有効に使うのがいい。お休みの時はお休み。かみ合わないときは、あまりそこにだけ気を取れらないようにしたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。