【太陽星座と月星座】山羊座(やぎざ)の開運アドバイスまとめ

山羊座(やぎざ)

  • 12/21~1/19 ごろ生まれ
  • 英語名:Capricorn
  • エレメント:地
  • クオリティ:活動宮
  • 支配星:土星
  • キーワード:自分が決めたところまで到達したい
山羊座
CAPRICORN

太陽星座が山羊座のあなたへ

2000年代前半から2020年代まで、大きな影響力を持つ惑星が山羊座に頻繁に集合していて、大きな転換期を迎えているのが山羊座です。

大きな星たちが星座を移動する年には歴史上大きな事象が起こるといわれていたとおり、2000年代は様々な大きな動きがありました。

特に近頃は山羊座の性質に関連のある、伝統があるもの、長らく継続していたことの価値が再度問われたり、今まで以上に社会制度やしくみも変わろうしています。

私たちの意識やとらえ方も変化の途中で、時代の大きな転換期となっています。

そんな転換期に関連している、山羊座の性質とはどんなものなのでしょうか?

山羊座の性質をつかんでおくことは、これからの時代に合った、変化の流れに乗るヒントにもつながります。

山羊座の性質、お伝えしていきますね。

山羊座の性質とは?

山羊座は牡羊座から数えて、10番目の星座です。

ホロスコープ上では一番高い位置、頂点に位置することから、高みを目指す、社会的地位を確かなものにするという性質があります。

火、地、風、水のグループでは、自分の目で確かめられるもの、実体のないものや、ハッキリしないものよりは、現実的なことを優先したり好む地のグループです。

さらに何かを始めたくなり、自分から率先して動くタイプで行動力のある活動宮です。

確かな結果と目的達成を優先し、社会での立ち位置を大切にします。

実際の労働、社会のルールや実務的なこと、伝統のあるものを大切にします。

常に上を目指し、慎重にコトを進めたがる側面もありますが、目標やゴールを定めたら必ず達成するでしょう。

また、大きなビジネスやお金とも相性が良いです。

山羊座の考えるビジネスや豊かさの達成とは、タナボタ的な一攫千金ではなく、地道に堅実にコツコツと実績を積み重ねて、しっかりと計画を立てつつ、目標を努力で勝ち取るものです。

忍耐強く、続いてきた慣習や伝統を自然に守ろうとするので、どちらか迷った場合は保守的な方を選びがちですが、たまに驚くほどのフットワークの軽さを見せることもあります。

山羊座を支配している惑星は土星なので、土星の気質も強く反映されています。

土星は憂鬱な性質を持つので、たまに悩まなくていいことでくよくよ悩んだりすることもあります。

常にネガティブだから…というよりは、慎重に物事を達成するために、考えうるサイアクなケースを考えておくのでしょう。

目的の達成がミッションのように重要なので、致命的なミスを避けたり、すぐ対処できるようにしておくという感じですね。

また、土星は管理、制限を課すこと、現実化するパワーや継続する力がありますが、山羊座もまた、これらのことが得意です。

自分で一度始めたことは達成するまで粘り強く取り組みます。

ただ、達成するといつまでも同じことに関わっていません。

あんなに一生懸命だったのに、もういいの?みたいなこともありますが、本人の中ではもう達成したことなので区切りをつけたのでしょう。

目標に向けてモクモクと取り組むことができるので、会社員も合っていますが、もちろん経営者や、政治家や治世者、会社の代表、管理者、経営者向きでもあります。

現実の社会に沿った生き方をするので、どのような職業についても大きくはみ出したり、理想や感情に支配されて行動することはありません。

感情的に行動することや、快楽に流されることを、ムダ!だと感じることが多いので、非常に嫌がりますが、感情がないワケではありません。

感情をコントロールして淡々と目標を達成できるのが山羊座の性質なのです。

たまに合理性が優先されて、結果や成果、実利をとり、感情を無視しすぎるととんでもない行動に出たりすることもあるので、そうなった時には要注意です。

また、疲れすぎたり、ストレスがたまりすぎるとお肌や髪、歯、爪などに不調が出やすいですよ(あ、脱毛症、蕁麻疹なども含みます)

そういった箇所に不調が出た時にはとっても疲れている時だと意識して、お休みととったり、ストレス解消に出かけたりしてみてください。

意外に活動派なので、オフィスにじっと籠ってばかりで遊びに行かない時などもストレスがたまっていたりします。

生まれたときの太陽や月、ASCが山羊座の方、山羊座に沢山の惑星が集まっている方はこのような性質が強く発揮されます。

ただ、こちらは山羊座の性質のほんの一部なことはご理解いただければと思います。

山羊座の性質を上手に活かすには

まずは小さいことでもいいので、いついつまでにこれを達成する!という目標を立てるとよいです。

計画表をつくるのも良いと思いますが、まずは現実的に可能な目標を立てると良いでしょう。

山羊座の性質が上手に発揮できれば

  • コツコツと努力ができる
  • きちんとキツイ現実に向き合える
  • 逃げずに自分で責任をとる
  • 自分できちんと考えて行動できる
  • 名も実も両方とれる人

として広く認められる人になれるはずです。

反対にあまり上手に発揮されていない時は

  • 守りに入りすぎて動けない
  • 規制に縛られて堅苦しい
  • 支配的に管理する
  • 打算的で身勝手
  • 悲観的

な存在として、あまり信頼されないかも。

ただ一番大事なことは、自分の目指す目標がしっかりしていることなので、それさけきちんとしていたら大丈夫です。

毎年、12/22~1/19ごろまでの山羊座の季節は、特に山羊座の性質が濃くなる期間です。

あまりに保守的すぎたり、ルールに縛られて動けない時などには強制終了が起こることもありそうです。

慎重すぎることで動くものも動かない可能性もあるでしょう。

そんな時は、自分の本来の目的を思い出せ、現実をみろ、見直せ、無意味なルールは変えていく必要があるゾっと土星に言われてると思って、自分に喝をいれてみてくださいね。

目標はどこにあるのか?自分で自信をもってその道を進んでいくことができるか?ということを厳しく、大事なことに気づかせてくれる非常に有意義な期間でもあります。

厳しいからといってチャンスや幸運がないワケではありませんよ。

やぎ座の性質を上手に発揮してしっかり流れに乗ってくださいね。

動画で見る山羊座のトリセツ

月星座が山羊座のあなたへ 癒やし&開運アクション

太陽星座だけではなく、生まれた時の月の配置=月星座はとっても大切です。

月星座はあなたの本質であり、隠された才能やパワーもあらわしています。 あなたが普段意識していない、隠された才能を目覚めさせることでチャンスをつかむことができます。

月星座が山羊座のあなたに隠された才能は、

着実に目標を達成し、冷静沈着、組織をまとめて効率よくする、社会で確実に成功するパワーです。

もし、あなたが本来のパワーを発揮できていないと感じているなら、次の開運アクションを試してみて。

  • 新聞、ニュースサイトを読む
  • 小さめの目標を掲げて達成感を得る
  • 自分との約束を破らないこと
  • スーツを着る
  • 神社や史跡のある場所へ行く

きっとあなたの本質である、有言実行する能力、優れた統制力、着実に成功して、社会的な地位を得るパワーが発揮されることでしょう。

月星座の隠された才能やパワーはあなたのほんの一部です。

現実をつきつける土星~山羊座と水瓶座の星~

土星は地球から肉眼でギリギリ見える星です。

ながらく土星より遠い太陽系の惑星はないと思われてきました。

昔の人からしたら、「宇宙の果て」の象徴みたいな存在だったのであまりポジティブな存在としてとらえられていませんでした。

そのあたり、火星とも似ていますけども土星の方がもっと「死」や「終わり」に近い意味あいがありました。

土星の周期は約29.5年です。

そして一つの星座に2年半~3年ほど滞在します。

土星が自分の太陽星座にやってくる2年半から3年間は「忍耐」の時期だといわれます。

また、自分の生まれもった土星に現在の土星が重なることをサターンリターンいいます。

全員29歳~30歳ごろに起こり、この時期を超えると本当の意味で精神的に大人になるといわれています。

サターンリターンには何か今までとは違う生き方を選択することが多いです。

土星の英語名Saturn(サターン)、ギリシャ・ローマ神話ではサトゥルヌス=クロノスのことです。

クロノスはゼウスの父で農耕神(時の神とも混同されてます)です。

土星のコツコツ努力するとか忍耐とかの意味はこの農耕の神クロノスからきています。

農耕神として考えると、土星は「終わり」というよりは、「コツコツとがんばると実りがある」ととらえる方がしっくりきます。

ウラヌスとクロノス(天王星と土星)

山羊座と水瓶座の支配星でもあります。

山羊座の場合は特に現実的で、厳格な土星の面が出ていますね。

水瓶座は天王星がみつかるまで、土星に支配されてきました。

出生時の土星がどこにあるのか?はあなたの課題をあらわしています。

あなたが苦手と感じるもの、コンプレックスを感じているものなどをあらわしているのですが、それはあなたにとって取り組んだ方が良い課題なのです。

そして、その課題にコツコツと努力しつつ取り組んだのなら、実りになるということもあらわしています。

ただねえ、農業ってお世話すれば、努力すればそれは必ず実るとは限らないのですよね。

天候にも左右されるし、ちょっとのことできちんと育ったり育たなかったりするものなので、努力=実りとは違います。

育てるものに適切な土壌や適切なお世話が必要だし、更に外の環境とか天気だって関係してくるワケです。

そういったものがそろって初めて実りがあるので、土星のテーマにはその場にあった適切な努力が必要なのです。

星読みで土星についてお伝えする際に「土星は苦手」、「土星嫌い」、「土星早くでていってほしい」…っていうようなお言葉沢山聞いてきました…(笑)

確かに自分の出生時に重要なポイントである場所に土星がやってきたとき、重苦しい体験をしたり、キツイ思いをすることはあります。

ただ、土星はただ単にいやがらせをする星ではないのです。

そう体験したこと、感じたことで何に気づくか?何をしなければならないのか?ということを教えてくれているだけです。

土星のテーマは石が金に変わるように、 しっかり取り組むことで才能に変換させることもできるのです。

魂の錬金術を可能にする存在が土星でもあるのです。

土星のパワーがポジティブに発揮できているとき

  • 時間管理が得意
  • 忍耐強い
  • 節制
  • 真面目
  • 自分に厳しい

土星のパワーが誤作動しているとき

  • 妬み嫉みつよめ
  • 疑い深い
  • 人を信用できない
  • 不平不満が多い
  • 常に何か足りない気持ちになる

星座別、毎週の開運アドバイスが必要な方は

note(別のサイトです)にて、月のリズムに合わせた流れと12星座別の開運アドバイス、note限定 新月・満月のメッセージを、月に4回、月額1,000円で配信中。

noteで販売中 月刊星読み開運ガイド