【太陽星座と月星座】魚座(うおざ)の開運アドバイスまとめ

魚座(うおざ)

  • 2/19~3/19ごろ生まれ
  • 英語名:Pisces
  • エレメント:水
  • クオリティ:柔軟宮
  • 支配星:木星(海王星)
  • キーワード:やさしさと愛で満たされたい
魚座
PISCES

太陽星座が魚座のあなたへ

魚座の性質

海ははっきりとした形がなく、あらゆるものが入り混じり常に流動的で、決まった形を持ちません。

そして色々な物を飲み込み、浄化し、生物を育み、生み出すことも可能です。

生と死を支配しているといっても良い海。

魚座は海と一番関わりが深い星座です。

形を成さずに色々なものを混ざり合わせ、同化や浄化をしつつ、新しいサイクルへ向かうために、回復させる力があります。

魚座は情が深く、優しく、感受性が鋭い、他人の傷や痛みを自分のことのように感じ取ります。

そして、 傷ついた人を包んで、癒し、回復させるパワーを持っています。

魚座の支配星でもある海王星は第三の目とつながっているとされる惑星で、境界線を曖昧にする性質です。

境界線がぼやけすぎる事で、他人の傷を自分のもののようにしてしまったり、他人との境目がわからなくなることがあります。

魚座のシンボルである、「♓」はリボンでつながれた魚、2匹の親子です。

特に月、ASCなどが魚座にある方は母親と同化してしまう事も多いようです。

母親の感情や傷を吸収し続けることで、その気持ちに引きずられてしまうことも。

この親子のリボンがつながった状態が大人になっても続くと行き詰まってきます。

もしもその関係性が息苦しくなった時には、少し距離をおくこと、自分の問題と分離し、境界線を引くことを試してみてください。

また、見えない世界や現実ではないものとの境界線もあいまいなので、つながりやすいという方も多いです。

魚座の性質が強い方(太陽や月、ASCが魚座など)は、現実に適応できない時期があるかもしれません。

同時に、非現実的で美しいものを生み出す、芸術的な才能やクリエイティブな想像力、スピリチュアルなパワーも合わせ持っているということです。

魚座の性質が強いと、もしかしたら心の中が混沌としたり、頭の整理がつかないことがあるかもしれません。

本来、型にはまらないで、変化し、色々なものを飲み込み、情況に適応し続けることができるからです。

色々な変化に適応し続けることは、実は生命が続いてくには一番大切なことです。

魚座の性質が強い方は、一見弱々しかったり、優しげで、かわいらしく頼りなげな印象を与えるのに、なぜか一番最後まで生き残るような、ある種のたくましさも感じさせます。

魚座の季節に意識しておきたいこと

魚座の季節(2/18~3/20)は次の新しいサイクルへ進化する準備をすると良いのです。

一度飲み込んだものを、全て咀嚼してから、何かを終わりにする、手放す、浄化する季節です。

そして、行き詰まっている事や、関係性があれば、少し距離を置いてみること。

他人(家族含む)との境界線を引いてみることでスッキリと次のサイクルへ向かうことができるでしょう。

見えない世界ともつながりやすい時なので、スピリチュアルな世界に触れてみるというのにもオススメな季節です。

動画で見る魚座のトリセツ

月星座が魚座のあなたへ 癒やし&開運アクション

太陽星座だけではなく、生まれた時の月の配置=月星座はとっても大切です。

月星座はあなたの本質であり、隠された才能やパワーもあらわしています。 あなたが普段意識していない、隠された才能を目覚めさせることでチャンスをつかむことができます。

月星座が魚座のあなたに隠された才能は、 芸術的な才能、人を癒し回復させる、目に見えない世界のことへの才能、クリエイティブなパワーです。

もし、あなたが本来のパワーを発揮できていないと感じているなら、次の開運アクションを試してみて。

  • ファンタジー映画やアニメを観る(小説や漫画などでも良いです)
  • ヒーリングミュージックを聴く
  • 水族館へ行く
  • 楽器の演奏や音楽、ダンスなどに挑戦してみる
  • 願望や理想の状況をイメージする

きっとあなたの本質である、美しいものを生み出すクリエイティブな能力、スピリチュアルな能力、人の悩みを聞き、回復させるパワー、人を癒すパワーが発揮されることでしょう。

月星座に隠された才能やパワーはあなたの中のほんの一部です。

希望を与える木星~射手座と魚座の星~

木星は太陽系の中で一番大きな惑星です(太陽は除く)

太陽系の王者とも呼ばれていて、 いくつもの彗星衝突を引き受けて内惑星を保護してきたといわれています。

神話ではジュピター、ゼウスです。

ゼウスはギリシャ神話で全知全能の神であり、最高神=神々の中で一番偉い神でもあります。

父クロノス(土星)と戦ったのちに、ゼウスは玉座につきました。

木星は成長や成功、拡大や豊かさの象徴として扱われてきた星です。

古典占星術では木星はポジティブで開放的な存在であり、幸運の星、恩恵であって、否定するような記述はほとんどありません。

信仰や宗教とも深いかかわりがあり、精神性が高い星とも言われていました。

ゼウスとヘラ

木星の周期は一つの星座に約1年、12年周期になりますので、

木星が自分の太陽星座にはいってきた年は、12年に一度の大幸運期という風にいわれたりもします。

また、木星の位置からその一年の雰囲気だったり、どんなものが流行するのか?を読むこともあります。

木星は「拡大する」「膨張」させるパワーをもっています。

木星と合わさった惑星のパワーはより一層増幅します。

ただ、木星は人間にとってポジティブなものばかりを拡大させるワケではないのです。

よくも悪くも拡大させるパワーが強いだけなのです。

木星は射手座と魚座を支配しています。

あなたの木星がもし、射手座か魚座にあるなら木星のパワーが強く働きます。

射手座と魚座もまた拡大する性質があります。

イメージ的に射手座へ上へ上へと広がっていく感じで、魚座は海底のように果てしなく広がっている感じです。

出生図の木星は、あなたがどんな分野で恩恵をいただけるか?どのようなもってうまれた才能(ギフト)があるのかを教えてくれています。

もし、あなたのギフトが発揮されていないようなら、何か不具合が起きているのかもしれません。

あなたのギフトを知って、木星のパワーをポジティブに発揮できるようにしてみてください。

木星のパワーがポジティブに発揮されているとき

  • タイミングが良い
  • 寛大
  • 感謝の気持ちが常にある
  • 自分も人も豊かにする
  • 心が自由

木星のパワーが誤作動しているとき

  • 浪費家
  • 騙されやすい
  • 自分のことが嫌い
  • 向上心がない
  • 利己的

星座別、毎週の開運アドバイスが必要な方は

note(別のサイトです)にて、月のリズムに合わせた流れと12星座別の開運アドバイス、note限定 新月・満月のメッセージを、月に4回、月額1,000円で配信中。

noteで販売中 月刊星読み開運ガイド